上毛新聞プレーバック

萩原朔太郎氏逝去す 1942(昭和17)年5月13日

器用なんでバイオリンやマンドリンなど弾きましたが詩人派といふか世俗的なきらい社交的な事もしないで詩に生きる風でした(略)煙草を喫ふ時一種獨特の特徴があつてパッーと鯉が麩でもくふ様でした

萩原朔太郎は第一詩集「月に吠える」で詩壇に頭角を現し、「青猫」で口語自由詩を確立した。「日本近代詩の父」。この年の5月11日、急性肺炎のため死去した。享年55歳。訃報を顔写真入りで報じるとともに、前橋中-六高の同級生、是洞健雄氏の談話を掲載している。生家の一部を保存した朔太郎記念館は今年4月、前橋文学館近くに移転した。