上毛新聞プレーバック

タウト氏旧宅「洗心亭」を保存 1951(昭和26)年6月1日

碓氷郡八幡村では、日本文化の理解者で最も親切な忠言者だつた世界的建築芸術家故ブルノータウト氏の旧居、同村少林山達磨寺境内にある「洗心亭」の保存運動が起り(略)縣史跡に申請することになつた

ドイツの建築家ブルーノ・タウトはナチスの台頭を逃れ、1933年5月に来日した。実業家、井上房一郎氏に招かれ、34年8月から2年3カ月にわたってエリカ夫人とともに過ごしたのが、今の高崎市鼻高町にある洗心亭。滞在中は工芸品の設計や指導に携わり、節分会で豆まきするなど地域住民とも交流を深めた。洗心亭は51年10月に県史跡に指定された。