上毛新聞プレーバック

県央に「東国市」建設を 1935(昭和10)年6月7日

県央地域の四市四町の民間団体などで組織する社団法人・理想の都市群建設研究会(佐田一郎会長)は、「県央に政令指定都市“東国市”を建設しよう」という大胆な提言を盛り込んだ研究報告書をまとめた。

政府主導による「平成の大合併」が動き出す10年以上前、前橋、高崎、伊勢崎、藤岡、玉村、境、群馬、新町の4市4町と経済団体、企業で構成する研究会が人口80万人規模となる大合併を提言した。関東圏域の各県央でつくる都市との競争に勝てる枠組みと指摘。名称は「東国の雄として全国最多の古墳が築かれている」ことから採用した。