上毛新聞プレーバック

「赤城」艦長が赤城神社参拝 1939(昭和14)年6月8日

上毛が誇る名峰赤城を艦名にもつて本縣と馴染深い我が海軍の精鋭航空母艦「赤城」の艦長寺岡謹平大佐は(略)勢多郡宮城村三夜澤の縣社赤城神社参拝の爲め七日(略)前橋驛着列車で来橋した。

赤城は1920(大正9)年、巡洋戦艦として起工された後、空母に改造された。艦内神社として祭られたのが赤城神社で毎年、代理を送っていたが、寺岡艦長は初めて自ら参拝した。赤城は真珠湾攻撃に参戦し南太平洋を転戦。42(昭和17)年6月のミッドウェー海戦で米軍の爆撃を受けて炎上、山本五十六連合艦隊司令長官の命令で海の底に沈められた。