上毛新聞プレーバック

富岡製糸場 世界遺産 2014(平成26)年6月22日

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は21日、カタールの首都ドーハで開かれている第38回世界遺産委員会で、日本政府が推薦した本県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」を世界文化遺産に登録することを決めた。

富岡製糸場(富岡市)のほか田島弥平旧宅(伊勢崎市)、高山社跡(藤岡市)、荒船風穴(下仁田町)で構成する「絹産業遺産群」の世界文化遺産登録が決まった。国内の世界遺産としては18件目。西欧との技術交流で高品質な生糸を大量生産し、絹消費の大衆化をもたらしたと評価された。県などが10年以上にわたって進めてきた登録運動が結実した。