上毛新聞プレーバック

京都三條橋畔 高山彦九郎の銅像 1928(昭和3)年6月27日

京の三條橋畔に建つ高山彦九郎先生の銅像は、その後着々進行してすでに渡邊長男氏の手で原型が出来あがつた、去る七日、群馬縣から高山先生の遺族、有志がこれを参観した(略)本月中に完成する

「寛政の三奇人」と称される新田郡細谷村(現太田市)生まれの思想家、高山彦九郎(1747~93年)は諸国を歩いて勤王を説いた。銅像は京都御所に向かい、正座して拝礼する姿で建てられ、土下座と間違われる。戦時下に供出され、現在は2代目。記事では銅像の顔が訪問した親戚に似ていることや女工さんら多数の県民が浄財を寄せたことを記している。