上毛新聞プレーバック

上越線 開通の緒に就く 1921(大正10)年7月1日

上越鐵道敷設案は第四十議會に政府に依りて提出せられ貴衆兩院を通過し今日開通を見るに至れるものなるが(略)遠く因を明治十六年に發す(略)提唱したるは本縣に於ては高橋周●、新潟縣に於ては岡村貢氏なり。

(※●は示へんに「貞」)

明治期に新潟と東京を結ぶ鉄路の敷設を呼び掛けたのは、法師温泉の創業者で南魚沼郡長だった岡村貢。巨額の自費を投じ自ら地形の測量も行った。夢は引き継がれ、1918(大正7)年着工。20(大正9)年の宮内-小千谷間に続いて高崎-渋川間が開通。新前橋など4駅が開業した。この日の新聞は8ページ全てで上越線を取り上げ、開通を祝った。