上毛新聞プレーバック

沼田中學校の敷地問題 1926(大正15)年7月2日

沼田中學校敷地問題に就ては町當局を中心に沼田町の大問題とせられて居るが目下最も有力な候補地として話題に昇り居るは沼田町字東倉内地内南明と同原新町地内十二ノ木の二ケ所が(略)數へられて居るが

沼田中学校(現沼田高校)は教室不足や校舎老朽化のため、1925年に県議会で新校舎の建設予算が議決され、26年8月に現在の沼田市西原新町へ新築移転が決まった。建設費の半額と敷地は地元負担とされ、地域住民も建設を支援。28年に完成した新校舎は現存する県内最古の鉄筋コンクリート学校建築として、国の登録有形文化財に登録された。