上毛新聞プレーバック

上毛十二名産決まる 1931(昭和6)年8月3日

わが社は、まづ本縣産業の開發をモツトウとして上毛十二名産の投票によつて、來る可き新時代の経済戦に参加せんとする隠れたる名産、新しき物産の紹介に着手した(略)奮戦八十余日、(略)別記の如く決定した

上越線全通を間近に控え、本県の特産品を全国に売り出すため、上毛新聞社は「上毛十二名産」を県民の投票で公募した。応募総数は三百数十万に上り、「百十万縣民間に一大センセーション」を起こした。名産となったのは(1)蒟蒻(2)西瓜(3)饅頭(4)銘酒(5)薬(6)鍋釜(7)木炭(8)沢庵(9)麻(10)人参(11)椎茸(12)煎餅-の12品目で、16の商店や組合が当選した。