上毛新聞プレーバック

B29 前橋市を爆撃 被害僅少 1945(昭和20)年8月7日

マリヤナ基地のB29群は(略)前橋市及びその周邊に無差別の焼夷攻撃を實施した(略)一方軍官民一體の防空陣は果敢なる消火活動を展開して極力被害の擴大を防止し昨早朝には概ね鎮火せしめた。

前橋大空襲は終戦の年の8月5日夜。大量の焼夷弾が落とされ市街地の大半を焼失、一夜で535人の命が奪われた。本社は焼失を免れ、通常の半分程度の大きさの臨時本紙1ページを発行した。被害は甚大だったが、軍の検閲を経た記事は「被爆地區の縣民は士氣極めて旺盛」「老幼病弱者などは見事な避難を行ひ犠牲者なども殆んど出ない有様」とあった。