上毛新聞プレーバック

「きょう最終試験」吾妻川の酸性中和 1959(昭和34)年8月8日

吾妻川毒水処理の酸性中和最終試験(第四回)はいよいよきょう八日行われる。湯川、谷沢川、大沢川の三支川に肥料用硝石灰を投入して下流七地点で採水しその中和反応を検討する。

草津白根山に起因する強酸性の水が流れ込む吾妻川は河川工作物がすぐに劣化し、水利用にも適さなかった。酸性中和事業が始動したのは1964年。同時に、強酸性を背景に凍結されていた八ツ場ダム(長野原町)計画が息を吹き返すことになった。川の上流部でアルカリ性の石灰を投入し、中之条町の品木ダムで中和を促進している。