上毛新聞プレーバック

夏の商売あがったり 1977(昭和52)年8月20日

十一日夕から降り続けている長雨は十九日も全県下で降り、“九日間連続の雨”という異常天候になった。製氷店、ビアガーデンなど“暑さあっての商売”の各業界では売り上げが大幅にダウン。

猛暑日が続く酷暑は避けたいが、天候不順が続くと夏らしい青空が恋しくなる。氷、ビール、清涼飲料水など季節商品を扱う業界では、売り上げに直結するだけに毎年大きな関心事だ。今年同様、この年もお盆時期に長雨となり、書き入れ時に大打撃。プール関係者の「いやぁー、例年の十分の一ですよ」という嘆き節も紹介されている。