上毛新聞プレーバック

政友2万の党員 前橋に 1930(昭和5)年10月6日

在野一年有半虎視眈々、倒閣の機會を窺ひつゝあつた政友會は秋と共に迫る政治シーズンに魁て、不景気排除を唯一のスローガンとして現内閣打倒の関東大會は五日正午秋晴れの前橋公園の廣場で開催された。

立憲政友会は1900(明治33)年、伊藤博文が中心となって設立した。昭和に入ると民政党と二大政党を構成、前橋市で関東大会を開いたこの年は野党だった。総裁の犬養毅は「不景気は現内閣の失政でなくして何ぞや」と倒閣を訴え、中島知久平の発声で万歳を唱和した。犬養は32(昭和7)年5月、五・一五事件で青年将校の凶弾に倒れた。