上毛新聞プレーバック

石川老町長の健康十訓 1930(昭和5)年11月24日

石川伊勢崎町長は七十超えての老齢の身でありながら壮者をしのぐ健康ぶりを見て活躍しつゝあるが(略)助役平方金七氏は(略)石川翁の「健康十訓」とも言ふ可きものを(略)進言したいと(略)寄稿せられた

石川泰三は1915(大正4)年から17年間、伊勢崎町長を務めた。隣接する村を合併し市とする「大伊勢崎構想」を提唱、町を南北に貫く六間道路を建設するなど都市計画に力を入れた。40(昭和15)年に伊勢崎市が誕生するのを見届け、3年後、91歳で天命を全うした。記事では当時の助役が「健康十訓」を紹介、腹八分目や運動、安眠を奨励している。