上毛新聞プレーバック

来月早々に“雄姿” 1976(昭和51)年11月29日

高崎市教委が高崎城跡の群馬音楽センターわきに建設を進めている城郭建造物の一つ、乾櫓(いぬいのやぐら)がほぼでき上がり、来月早々には完成の運びとなった。このやぐらは元の材料を出来るだけ使って

高崎城は箕輪城主だった井伊直政が交通の要衝を押さえるため整備し、1598年に入城した。乾櫓は本丸北西側(戌亥=いぬい)の土塁に建てられていたもので、明治維新後は払い下げられ、農家の納屋として使われていた。県内で唯一現存する城郭建築という。1974年に県の重要文化財に指定され、76年に現在地に移築・復元された。