上毛新聞プレーバック

高崎ハム製造始まる 1938(昭和13)年12月4日

高崎市末廣町に新設された群馬畜肉加工組合の高崎ハム工場は(略)優良生食品の眞価を世に問ふべく四日から三日間にわたり同加工場に於て一般市民に製品試食を乞ふと共に特価大安賣を行ふ事になつた

高崎ハムは日本初の農民資本による食肉加工メーカーとして誕生した。当時の正式名称は群馬畜肉加工組合。記事によると、仲買人により値切られていた群馬郡産の豚肉を自ら加工、販売することで農家の安定収入を図り、安くおいしいハムやソーセージを消費者に提供するのが設立の目的。現在は全農の子会社。ブランドは来年、80周年を迎える。