上毛新聞プレーバック

開館2年余で35万人に 1976(昭和51)年12月9日

県民のいこいの広場“群馬の森”に四十九年十月オープンした近代美術館に八日昼前、三十五万人目の入館者が訪れ、アルバムと花束が贈られた。(略)係員から「三十五万人目です」と伝えられるとびっくり。

高崎市の県立近代美術館は1974年、県立美術館の設立を求める運動の盛り上がりなどを受け、明治百年事業の一環として建設された。本県ゆかりの画家やヘンリー・ムーア作品などを集めた開館記念展には4万人超が来場。今年9月、入館者は500万人を突破した。近年は建物の老朽化が目立ち、漏水で絵画に染みができる事故も発生している。