上毛新聞プレーバック

上・信・甲三州を結ぶ 1937(昭和12)年12月17日

上、信、甲の三州を連絡する道路が完成の緒に就き(略)本縣と長野縣とを結び山梨とも連絡し得る最短コースは下仁田と南信を結ぶ線で(略)信州側は本縣との連絡のため内山峠まで工事を終り(以下略)

上州と信州を結ぶ大動脈として昔から知られるのが中山道(碓氷峠)だが、その脇往還として、南に位置する内山峠も利用されてきた。記事では工事に地元の神津牧場、上信電鉄などの協力があったとするほか、バスが運行して利便性が向上すると期待。順調に進めば初めて歴史的な上、信を結ぶ最短コースの完成となり、意義深いと紹介している。