上毛新聞プレーバック

高野長英の著書発見される 1934(昭和9)年12月23日

幕末の志士高野長英(略)と吾妻郡は密接な関係があり(略)吾妻郡から長英著書「二物考」が(略)現れた(略)飢饉に遭遇したときの對策として馬鈴薯の栽培を奨めてゐるもので渡邊崋山が挿画を書いてゐる

江戸後期の蘭学者、高野長英は「蛮社の獄」で江戸の牢屋につながれていたが、1844(弘化元)年、火事に乗じて脱獄。弟子を頼り吾妻郡に逃れ、14カ月かくまわれた後、越後へ移った。「二物考」は飢饉対策としてソバと馬鈴薯を奨励し、栽培法や調理法をまとめた書物。中之条町はこれをヒントにジャガイモを使った「高野長英そば」を売り出している。