上毛新聞プレーバック

十年前魅せられた山河 1973(昭和48)年1月16日

空気と景色のよい下仁田で新しい商売を、と埼玉県の老農夫が下仁田町上小坂に旅館を開業、都会人に受けている。「小滝温泉」経営吉沢正一さん(六〇)で、十年前に訪れた下仁田の山や谷や川に魅せられた。

下仁田町に魅力を感じて埼玉県蕨市から移り、温泉旅館を始めた男性を紹介している。半世紀近くたち人口減少社会となった今、県内自治体は都会からの移住者受け入れに力を入れるが、男性は当時、「公害の波が押し寄せてきた」ことも故郷を離れた理由とするなど、時代を反映する。町によると、小滝温泉は既に旅館を廃業したが、温泉は今も出る。