上毛新聞プレーバック

偉大な業績 伝え継ごう 1983(昭和58)年2月3日

初代前橋市長・下村善太郎翁の業績をたたえ、没後九十年のことし同翁の銅像を再建しよう-という同翁銅像再建推進委員会はこのほど役員会を開き、銅像再建のための募金活動をスタートさせた。

下村善太郎氏は前橋への県庁誘致を実現し、前橋発展の礎を築いた。功績をたたえ、1910(明治43)年に1府14県連合共進会の開催を機に前橋公園に銅像が建てられたが、戦中の資源供給で撤去。市民有志が没後90年とあかぎ国体開催を記念し再建に動いた。建立に向けた募金は総額3163万円集まり、83年9月に市役所近くの曲輪緑地で除幕式が開かれた。