上毛新聞プレーバック

大光院節分會 數萬の群衆 1917(大正6)年2月4日

名にし負ふ関東三大節分會の一として數へらるゝ太田町大光院に於ける節分會は三日午後七時より例年に弥増さる大盛況を以て擧行さる(略)停車場前及び大門前に緑門を造り之にイルミネーションを装飾

「子育て呑龍」の愛称で親しまれる太田市・大光院の節分会は今より盛大だった。人口が1万人に満たなかった当時、「擧式となれば數萬の群衆は鯨波の聲を揚げ一山鳴動する」と記事で描写されるほどの参詣者が県内外から訪れた。年男の有名人も呼ばれ、この年は歌舞伎役者の坂東三津五郎や友綱部屋の力士、柳橋や赤坂の人気芸妓が顔をそろえた。