上毛新聞プレーバック

県央に「新都市」構想 1976(昭和51)年3月10日

県土木部と地域振興整備公団が一体となって(略)「県央地域における新しい都市づくり」構想を進めている。(略)総合的な都市機能をそなえたまったく新しい県中核都市をつくろう、というざん新な構想

県庁所在地である前橋市と、交通の要衝であり商業都市の高崎市。群馬県2大都市を結び付けようという動きは、膨らんでは消えている。この時は、現在の群馬産業技術センター周辺に県庁、商業施設、群馬国体向けの総合運動場と選手村などを設ける計画だった。ただ、県内有数の優良農地であり、鉄道の駅から遠いため、慎重な意見もあった。