上毛新聞プレーバック

新川児童遊園地に新遊具 1954(昭和29)年3月23日

桜を前に桐生市では新川児童遊園地に二百八十万円を投じ「メリーゴーラウンド」と「波乗りボート」の新設を急いでいる。完工すると(略)六つの遊覧設備ができ、県下一の児童遊園地になる、と市は自慢している。

新川児童遊園地は1953(昭和28)年に桐生市川岸町(現在のコロンバス通り付近)で開園した。観覧車や豆自動車などがあったが、いずれも有料で、戦後復興の当時は「誰でも気軽に遊べる場」ではなかったようだ。同園の後継として71(同46)年に桐生が岡遊園地が開園。隣接の動物園とともに入場無料、駐車場無料で営業している。