上毛新聞プレーバック

生糸を直輸出 星野長太郎 1888(明治21)年3月29日

海外直輸出生絲荷爲換金澁滞の儀につき蠶絲業組合中央部幹事鈴木善恭、星野長太郎の両氏より農商務大臣へ去る二十三日に意見を上申したり今其の大意を聞くに本邦蠶絲海外直輸の業は去る明治九年に始り

星野長太郎は生糸の直輸出を日本で初めて実現させた。水沼村(現桐生市)の豪農の家に生まれ、地元に器械製糸所を設立した後、改良座繰りの振興に務めた。横浜の外商を経ずに輸出するため、1876(明治9)年、実弟の新井領一郎を渡米させ取引に成功。政府は当初厚く保護したが財政再建を理由に助成廃止を打ち出し、長太郎は粘り強く陳情していた。