上毛新聞プレーバック

日本一のバラ産地目指して 1993(平成5)年4月5日

前橋市富田町に前橋バラ組合(大沢憲一組合長)の集出荷施設とハウス八棟のバラ団地が完成、年間二百十万本の出荷を目標に本格稼働した。「全国一のバラ産地」へ後継者らの願いを結集した大規模施設

前橋バラ組合は1990(平成2)年、8軒の生産者で結成した。団地は品質向上と安定出荷を目指して計画、3万1000平方メートルの敷地に自動制御システムで生育に最良の環境を保つ最新鋭の温室を整備した。現在、70種を年間300万本出荷している。前橋市は市の花にバラを制定、1971(昭和46)年に開園したばら園を2008(平成20)年、大幅に改装した。