上毛新聞プレーバック

高崎でヤマダ、コジマ同時開店 1997(平成9)年4月12日

高崎市で十一日、ヤマダ電機(前橋市日吉町、山田昇社長)とコジマ(宇都宮市星が丘、小島勝平社長)が同市最大の売り場面積を持つ大型家電量販店を同時にオープンした。(略)家電戦争が本格化した。

開店したのは、ヤマダ電機テックランド高崎本店(高崎市上中居町)とコジマNEW高崎店(同市上大類町)。売り場面積はともに1950平方メートル。北関東は日本一の家電激戦区といわれ、開店数日前から段ボール箱を風よけに徹夜する客の姿も。安値の商品を求め長蛇の列ができた。両店舗とも2008(平成20)年の新大型店開設に伴い、閉店した。