上毛新聞プレーバック

斎藤佑樹初完封 2012(平成24)年4月21日

日本ハムは斎藤佑樹(太田生品中出身)がプロ2年目で初完封。8安打を浴びながらも要所を締め、3勝目。打線は六回に中田の適時打で先制。七回には陽岱鋼の1号ソロなどで(略)チームは単独首位に浮上した。

早稲田実業高のエースとして2006年夏の甲子園を制した斎藤佑樹は早大卒業後、ドラフト1位で日本ハムに入団。プロ1年目の11年は6勝、12年に5勝を挙げたがその後は苦戦。今月7日に先発登板するも8四死球を与えて四回途中で降板、2軍落ちした。「ハンカチ王子」の名で甲子園を沸かせたエースは6月に30歳になる。