上毛新聞プレーバック

県1は浄蔵寺の大イチョウ 1989(平成元)年4月28日

「巨樹・巨木林調査」の結果が二十七日まとまった。(略)本県では、幹周十一メートルの「浄蔵寺の大イチョウ」(新田郡尾島町)をはじめ(略)幹周三メートル以上の巨木総数は約二千六百本になることがわかった。

幹周1位となった「浄蔵寺の大イチョウ」(太田市)は樹高28メートルの大木で樹齢400年超と推定されている。幹周2位は「原町の大ケヤキ」(東吾妻町)と「五郎の大スギ」(安中市)の10メートル。樹種別では樹齢800年、樹高38メートルの「囀石しゃべりいしのモミ」(中之条町)、樹齢1000年、樹高22メートルの「横室の大カヤ」(前橋市)が全国トップクラスと判明した。