上毛新聞プレーバック

救われます中高瀬遺跡 1990(平成2)年6月5日

上信越自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査で発見された富岡市の「中高瀬観音山遺跡」の保存問題で、日本道路公団は、(略)当初の切土構造からトンネル構造に設計変更して現状保存することを決めた。

1989(平成元)年に弥生時代後期の大規模集落跡が見つかり、学術的価値の高さから研究者に「東の吉野ケ里」と呼ばれた中高瀬観音山遺跡。高速道建設のために壊される寸前だったが、考古学会の重鎮が重要性を訴えたほか、住民の保存運動が市や県を巻き込み発展。日本道路公団が高速道の設計変更に踏み切った。同遺跡は97(同9)年、国史跡に指定。