上毛新聞プレーバック

聖地デビュー 17歳3カ月 森田 2007(平成19)年6月28日

テニスのウィンブルドン選手権第3日は27日、(略)女子シングルス1回戦で四大大会初出場の17歳、森田あゆみ(キヤノン、太田市)は第28シードのマラ・サンタンジェロ(イタリア)と対戦し(略)敗れた。

森田あゆみ選手は1990年3月生まれ。太田休泊小、休泊中を経て神奈川・湘南高に進んだ。2005(平成17)年4月に当時日本最年少の15歳1カ月でプロに転向。同年の全日本選手権を史上3番目の若さで制した。初出場のウィンブルドン選手権は第2セットを奪ったものの、1-2で敗退した。現在は安藤証券(名古屋市)に所属している。