上毛新聞プレーバック

重粒子線治療施設を公開 2009(平成21)年8月4日

群馬大は3日、来年3月から治療を開始する前橋市昭和町の重粒子線照射施設の内部を報道関係者に公開した。(略)総工費は125億円。(略)施設稼働後は、年間800人の治療患者数を目指す。

群馬大の重粒子線治療は2010(平成22)年3月に始まった。がんを切らずに治すことができ、副作用が少ないのが特長。患者数は今年6月末までに2850人。前立腺が6割を占め、肝臓、肺、骨軟部腫瘍と続く。当初は先進医療として300万円程度かかったが、現在は前立腺がんなどの一部は保険適用となり、自己負担が3万~25万円前後に抑えられる。