上毛新聞プレーバック

保護財団設立で一致 1992(平成4)年8月5日

本県と福島、新潟三県にまたがる(略)「尾瀬」を舞台にした三県知事による尾瀬サミットが四日、片品村の尾瀬沼山荘で開かれた。小寺知事は(略)「尾瀬保護財団」の設立を呼び掛け(略)意見の一致をみた。

尾瀬サミットは上毛新聞社と新潟日報社が前橋市で開いた「群馬・新潟経済交流会議」の際、小寺知事が新潟県知事に提案したのがきっかけで始まった。その初のサミットで、尾瀬を一元的に管理する主体として尾瀬保護財団の設立を決めたほか、総合学術調査の必要性や学術研究への助成制度の創設、広報素材の共同製作などを打ち出した。