上毛新聞プレーバック

ノーマイカーデーに無関心 1989(平成元)年8月12日

県公共輸送機関利用促進協議会が主唱している「ノーマイカーデー(毎月一日、十五日)」運動の参加者数が減っている。(略)一般企業だけでなく運動の中核となる県庁や市町村役場の実施率も年々低下。

ノーマイカーデーは1981(昭和56)年度に始まった。月に1日(途中から2日)、通勤にマイカーを使わずバスや鉄道に乗ろうという運動。赤字に悩む公共交通の利用促進と省エネルギー推進を目的に、割引回数券の販売などで参加を呼び掛けた。当初こそ県やモデル事業所では実施率が85%と高かったが次第に低調となり、96(平成8)年度に終了した。