上毛新聞プレーバック

史上最高40.9度 2007(平成19)年8月17日

日本列島の猛暑は十六日も衰える気配を見せず、岐阜県の多治見で午後二時二十分に、埼玉県の熊谷では同二時四十二分に、それぞれ気温四〇・九度を観測。国内の最高気温の記録を七十四年ぶりに更新した。

それまでの国内最高は1933(昭和8)年に山形で観測された40.8度。この日は 県内でも気温がぐんぐん上昇し、館林では県内史上最高と並ぶ40.3度を観測。前日に40.2度を記録しており、連日の40度超えとなった。今年も猛暑が続いており、7月23日に 埼玉県熊谷市で41.1度を記録し、国内最高を5年ぶりに更新した。