上毛新聞プレーバック

”前橋文学館がオープン 1993(平成5)年9月4日

郷土の詩人・萩原朔太郎を記念する前橋市千代田町の「水と緑と詩のまち前橋文学館」(略)が三日オープン、市や前橋商工会議所幹部、県内の文化関係者ら約百五十人が参加して式典と記念レセプションを開いた。

前橋文学館は市制施行100周年事業として計画された。多くの詩人を輩出した前橋のシンボル、広瀬川沿いに立地し、常設展・企画展に加えて演奏会も開かれ、優れた現代詩を表彰する萩原朔太郎賞の贈呈式が行われる。近隣のアーツ前橋との共同企画展など新たな試みも。広瀬川対岸には昨年、朔太郎の生家の一部を保存した記念館も移築された。