上毛新聞プレーバック

旧製糸場の110棟寄贈 2005(平成17)9月30日

富岡市が一日から旧官営富岡製糸場(現片倉工業富岡工場)を暫定管理するのに伴い、三十日付で建造物などを同市へ寄付する片倉工業の清水敏男専務は二十九日、(略)建造物などの寄付申込書を手渡した。

富岡製糸場は1939年に片倉工業(東京都)の前身、片倉製糸紡績に譲り渡された。同社は87年に操業を停止した後も管理事務所を置き、貴重な建造物などを維持管理。経営環境が厳しくても一貫して保存の姿勢を崩さなかった。製糸場の世界遺産登録への機運が高まる中、市への管理移管を決め、東西の置繭所やブリューナ館などを寄付した。