上毛新聞プレーバック

高崎だるま 地域ブランド県内1号 2006(平成18)年10月28日

全国に広がる地域ブランド支援として、特許庁は地域名と商品名を組み合わせて商標登録できる地域団体商標制度を創設し、その第一弾として二十七日、本県の「高崎だるま」を含む五十二件を認定した。

地域団体商標制度は地域の特産品を他地域の類似品と差別化し、ブランド確立を促進する制度。高崎だるまを出願した県達磨製造協同組合は知名度アップや販売力強化による売り上げ増、付加価値の高い生産体制確立を目指した。9月末時点で上州牛、伊香保温泉、草津温泉、十石みそ、桐生織、群馬の地酒、嬬恋高原キャベツ、四万温泉も認定されている。