上毛新聞プレーバック

福田赳夫元首相が名誉県民 1990(平成2)年10月30日

本県三人目の名誉県民となった福田赳夫元首相(八五)=東京(略)=への名誉県民顕彰式が二十九日、県庁で開かれ、福田元首相は三枝夫人(七八)とともに出席、清水知事から名誉県民称号記と記念品を贈られた

故・福田赳夫氏は1990(平成2)年2月、37年余の議員生活を終えた。顕彰式は名誉県民の肖像画を飾る知事室前で行われ、福田夫妻らが肖像画を除幕。油彩画で県展常任理事の故・正田壤氏が描いた。福田氏はこの日、故郷の群馬町(現高崎市)から名誉町民にも顕彰された。2013(平成25)年には長男の康夫元首相も名誉県民に選ばれた。