上毛新聞プレーバック

中曽根氏 フセイン氏と会談 1990(平成2)年11月5日

イラク訪問中の中曽根元首相と自民党代表団(団長・佐藤孝行幹事長代理)は四日、バグダッド市内の大統領府でラマダン第一副首相と会談したのに続き、フセイン大統領とも急きょ会談した。

イラクはこの年8月、クウェートに侵攻、日本人など大勢の外国人を拘束し、重要施設に「人間の盾」として収容した。中曽根元首相はイラク側の要請により訪問、フセイン大統領に邦人人質や在留者の解放を求めた。この結果、群馬県出身者を含む74人とともに帰国。インタビューで大統領に月夜野焼のつぼを土産として渡したことを披露した。