上毛新聞プレーバック

国重文へ中島知久平邸を整備 2010(平成22)年11月6日

太田市は、「飛行機王」として知られる故中島知久平が建てた市重要文化財の中島知久平邸(同市押切町)について、国の重要文化財指定を目指すことを決めた。2012年度末までに地域交流センターとして整備

中島邸は1930(昭和5)年から翌年にかけて建てられた。1万平方メートル超の敷地に総延べ床面積1000平方メートル超の主屋や土蔵、氏神社、正門、門衛所を配置。和洋折衷の意匠や構造、吟味された資材など学術的価値が高く、本県を代表する近代和風建築として2016(平成28)年、国の重要文化財に指定された。総工費は現在の貨幣価値で50億円程度とされる。