上毛新聞プレーバック

県のカラ出張 「処分」検討 1996(平成8)年11月19日

県職員の旅費(出張費)支給にからみ一九九四年度に三億六千七百万円の不正が明らかになった問題で、小寺弘之知事は十八日、(略)職員の自主的な判断を受けた形での処分を検討していく意向を示した。

組織ぐるみで旅費を不正支出し交際費や時間外手当などを捻出する県の「カラ出張」が1996(平成8)年に発覚。不適正支出は94、95年度だけで約7億円を上回った。知事らは冬のボーナスを返上、幹部職員は減額される“処分”を受けた。「反省の証し」として職員やOBが資金を拠出して返還し、残余金は救助資金として県に寄付された。