上毛新聞プレーバック

共学4年制目指す 共愛学園 1992(平成4)年11月23日

共愛学園女子短大(前橋市小屋原町、徳江健学長)は、平成十年度までに、男女共学による四年制大学への移行を目指し、本格的検討に入った。(略)本年度内に準備室を設置、来年度から本格的に動き出す。

共愛学園女子短大は1988(昭和63)年、「国際化社会に対応した女子の育成」を目指して設立された。男女共学の4年制大学に移行する構想の背景には、女性の高学歴志向の高まりに加え、地域から男子学生にも魅力的で実学的な大学を求められたことがあった。99(平成11)年に短大が改組転換され、男女共学の共愛学園前橋国際大が開設された。