上毛新聞プレーバック

「弁慶号」24年間ご苦労さま 2002(平成14)年1月6日

二十四年間、子どもたちを楽しませてきた前橋中央児童遊園(略)の人気遊具、豆汽車の「弁慶号」が老朽化で引退することを受け、「『弁慶号』さよなら乗車会」が五日開かれ(略)多くの家族連れが訪れた。

前橋市中央児童遊園の豆汽車「弁慶号」は、先代「おさるの電車」の後を引き継ぎ1978年にデビュー。24年間の利用者数は約404万人、走行距離は約8万4000キロに上った。2002(平成14)年3月にイメージを一新した、アメリカンオールドスタイルの3代目豆汽車が登場した。豆汽車は現在の同園「るなぱあく」(04年に民間委託)でも活躍している。