上毛新聞プレーバック

養蚕研修生に年150万 2015(平成27)年2月3日

大日本蚕糸会(東京都千代田区、高木賢会頭)は2日(略)県内養蚕農家との会合で、4月から導入する養蚕支援策の骨子を示した。(略)養蚕技術を習得する新規参入者に研修費として年間150万円を3年間支給

大日本蚕糸会は2015年2月、碓氷製糸(安中市)で開かれた会合で、従来の既存農家への支援に加え、新たに養蚕の担い手育成策を打ち出した。同会によると、15~17年度に助成対象者を採択し、県内では計9件の養蚕参入者を支援した。養蚕技術習得の研修費として年150万円を受ける個人や、桑園・蚕室整備で補助を受ける事業者がいた。