上毛新聞プレーバック

中島元文相が急逝 1992(平成4)年2月8日

衆院二区選出で元文相の中島源太郎氏が七日午前十時三十二分、急性肝不全のため(略)慶応大病院で死去した。六十二歳だった。中島氏は五日朝、自宅から体の不調を訴えて同病院に入院したが、容体が悪化

中島氏は太田市出身で「飛行機王」と称された中島知久平の長男。突然の訃報に地元支援者は悲嘆に暮れた。中選挙区時代の衆院群馬2区では1991(平成3)年11月に社会党の須永徹氏が41歳の若さで急逝、中島氏の死去で欠員2に。92年3月に群馬県初の補選が行われ、谷津義男元農相と中島氏の次男、故・洋次郎氏が当選、自民党が2議席独占した。