上毛新聞プレーバック

前期選抜 2.7倍の狭き門 2000(平成12)年2月10日

県教委は九日、同日正午に締め切った高崎経済大附属を除く全日制公立高校の二〇〇〇年度入試・前期選抜の志願状況を発表した。(略)推薦入学に比べ募集枠も縮小されたため、志願倍率は二・七倍の狭き門に

入試改革の一環で、前・後期の二段階選抜が導入された。中学校長の推薦を必要とする推薦入学に代わる前期は、受験生が自主的に志願する。推薦入学に比べて募集枠が縮小されるなどした結果、志願倍率は2.7倍と前年の推薦入学の1.9倍を大きく上回った。2019(平成31)年度入学者の前期選抜の倍率は2.13倍で、前・後期選抜導入後で最低となった。