上毛新聞プレーバック

嬬恋村 神田にアンテナ店 2005(平成17)年3月23日

嬬恋村のアンテナショップ「ふれあい神田市場」が二十二日、東京・神田駅近くの商店街にお目見え、新鮮野菜を買い求める都民でにぎわった。(略)「東京都嬬恋村」を大々的に売り出す。

空き店舗の活用を模索していた千代田区が姉妹都市の嬬恋村に打診して実現した。同村と明治大、地元商店街が連携して運営。山村の味覚を直送して人気となったが、空き店舗解消に伴い地元が手を引き、同大もプロジェクトを終了したことから、一定の成果を上げたとして2009年に閉店した。最終日は閉店を惜しむ大勢の常連客でにぎわった。