上毛新聞プレーバック

様変わり県議選 1995(平成7)年4月6日

統一地方選第一弾となる県議選が、これまでと様変わりしている。事務所によっては、人の出入りが半減。お茶菓子程度を用意する事務所が主流で、支持者らに食事を提供する(略)「食堂」も姿を消している。

1994(平成6)年の公職選挙法改正で、連座制の適用範囲拡大と罰則強化が盛り込まれたことで、選挙運動がクリーンになった。以前は食事や酒を提供する選挙事務所があり「レストラン」「食堂」と呼ばれていたが、95年統一地方選では茶を配る程度となった。逮捕者は同年6月20日時点で11人にとどまり、前回91年の28人から大幅に減った。