ジャンプ伊藤6位、高梨は11位 W杯女子第6戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2回目の飛躍を終え、声援に応える伊藤有希。日本勢最高の6位となった=大倉山
 2回目の飛躍を終え、声援に応える伊藤有希。日本勢最高の6位となった=大倉山 2回目の飛躍を終え、さえない表情の高梨沙羅。11位に終わった=大倉山

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会は12日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で個人第6戦が行われ、伊藤有希が111・5メートル、122・5メートルの合計178・2点で6位となったのが日本勢最高だった。

 高梨沙羅は111メートル、110・5メートルの154・6点で11位と振るわなかった。ダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が127メートル、121・5メートルの200・4点で今季初勝利、通算14勝目を挙げた。

 勢藤優花は13位、丸山希は15位、岩渕香里は19位、岩佐明香は26位、茂野美咲は27位。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事